ご報告があります。
もう色んな所で伝わっていると思いますが、2019年度のパデル日本代表に選出されました。

2017年半ばからパデルを始めて勝てなかったりうまくいかなかったりしたときもありましたが、このように結果を残せて大変うれしく思います。

今年組んでくれたペアのみなさまや、パデル協会の方々、そしてパデルで関わった全ての人に感謝したいです。
特にとみかずはありがとう。
やったろう。

パデル日本代表に選出されたからには死力の限りを尽くして勝利に貢献します。


まさか人生でなにかの日本代表に選出されるなんて思っていなかったので、親もびっくりしてました笑

そして何よりパデルというスポーツにこの歳で出会えた奇跡に感謝です。
スペインのトップ20位選手のマルセロ選手は今45歳ですが、もともとはテニスコーチでした。
パデルに転身したのは23歳のときだったそうです。
まだまだチャンスがあるなと感じます。

また、このタイミングでパデルに出会えたことに対してワクワクしています。
なぜなら既に大きくなっているスポーツよりこれからみんなで伸ばしていく方が楽しそうだからです笑
パデルはテニスと違いシステム、お金、勝利、技術、ノウハウ、コミュニティ、文化すべてがまだ発展途上で未完成です。
パデル選手の面からパデル普及に最大限に貢献します。

スペインではパデル人口が780万人で、サッカー負けてません。
ヨーロッパでは大人気スポーツ。
日本パデルがどれだけ食らいついていけるのか楽しみです。

パデルアジアカップ告知

まずは今年の3月30日、31日に千葉で開催されるパデルアジアカップ。
日本、オーストラリア、インド、カタール、タイが参戦します。
日本をアジアチャンピオンに導きます。
チームが勝てるにはどうすればいいかをみんなで一緒に考えチームの戦力を最大化します。
日本の勝利の要となれるように誰よりも努力します。

応援よろしくおねがいします!!

日下部俊吾

おすすめの記事