パデルのビボラって何?どうやって打ったらいいの?

テニスでは肩より上のボールはスマッシュを打つことが多いですよね。
しかし、パデルはラケットが小さいので一撃ではなかなかポイントは決まりません。
またガラスの壁があるので、安易に強く打つと壁を利用した相手のカウンターの餌食になります。

よってパデルでは
「壁から跳ね返らないショット」
「打ってからすぐボレーのポジションに戻れる時間の作れるショット」
等が有効になります。

また上にショットにも様々な種類があります。
バンデッハ、ビボラ、レマテ、ガンチョ、リフタード

今回はその中で一番良く使うショットのひとつであるビボラの打ち方を自分なりにまとめました。

ビボラとは

ビボラはネットプレー時に上から打つショットです!
バンデッハが比較的ゆっくりなのに対し、ビボラはスライス気味でスピードを加えて相手を崩します

ビボラ(Vibora)とはスペイン語で蛇(へび)という意味で、蛇のように壁を沿って地を這うことが「ゆえん」とされています。

ビボラのコツ

簡単なビボラのイメージを動画でまとめました!

ラケットはかつぐように構える

テニスのスマッシュと同じです。
ラケットはかつぎましょう

ラケットは横から入れる

ビボラはスライス回転をかけ、壁にあったあとにボールを浮かないようにするショットです。
よってラケットを下から入れる人が多いです。
しかし、実は下から入れるとボールが浮いてしまいコントロールが難しくなってしまいます。

ビボラでは、横からラケットを入れることがとても大事になります。
テニスにはない感覚です。

横に入れることによってコントロールがあがり、より強いエフェクトをかけて強いビボラが打てます!

フォロースルーをしっかりする

目安として肩くらいまでラケットをフォロースルーすると鋭く安定したショットが打てます。
テニス経験者はフォロースルーがおろそかになりがちなイメージなので、「おおげさに」やるくらいがちょうどいいかもしれません。

10時の打点で打つ


右利きなら14時、左利きなら10時くらいが一番いいと思います。
(自分の真上を12時としたときの打点の位置)

しかし私は低すぎると安定しないので少し高めをイメージして打っています。

コーチによって低めにと言う人もいますが、個人的には高め打点で打ったほうがいいと感じます。

人によって癖などもあるので自分に一番しっくりくる打点を探してくださいね!

おすすめの記事