パデルのボレーはどう打つのが正解?

パデルは前取り合戦とも言われていて、ネットを取ったほうが優勢にたてます。
パデルで一番多く打つショットはおそらくボレーだと思います。
ボレーは相手を崩す要のショットで、大変重要です。

ボレーのグリップ

基本的にはコンチネンタルグリップで握ります。
トンカチや包丁をもつような握り方で握ります。

ラケットはもしできるなら長めに持ちましょう。
ラケットエンドと小指の距離が0-0.5cm程がいいかもしれません。

ボールにエフェクトがかけやすくなり、遠くのボールも取れるようになります。

ボレーのタイプは大きく3種類

試合では様々な状況下で様々な返球に対してボレーを打たないといけません。
よって、その時その時にどんなタイプのボレーを打つかはとても大事です。

私はボレーを3種類に分類して考えています。
とは言ってもそんな難しい話ではなく、競技レベルでパデルの試合をしたことがある人ならおそらく無意識に理解していると思います!

1.決めるボレー

相手の球がとても甘かったとき体重を十分に乗せれるのであれば、「決めるボレー」でテイクバック多めでしっかり叩いてポイントを決めます。

2.しっかり振るボレー

めちゃくちゃ甘いボールではないが、体重をしっかりのせれるようなポジションで打てるボレー
このボレーで相手を崩し試合を展開します。

3.ブロックボレー

ブロックボレーは、自分がちゃんとしたポジションでポールを打つことができないときのボレーです。
テイクバック、フォロースルー少なめで、ボールをブロックします。
状況にもよりますが、具体的には

  • 相手のボールが速いとき
  • 相手のボールが体から遠いとき
  • 相手のボールが低いとき

にこのボレーを打ちます。

今回は、「2.しっかり振るボレー」の方を説明していきたいと思います。

しっかり振るボレーのコツ

「テイクバックは小さく、フォロースルーは大きく」
「肩をいれる」
「足は地についたまま」
「打点は体の近く」
「力まかせに打たない」
「体の上下運動はすくないほうがいい」

これらを意識したら、鋭く弾まないボレーを打てる機会が増えたので、是非チャレンジしてみてください!
肩を入れるために、つまさきを少し横にむけることを意識するといいかもしれません!

準備時

  • かかとは少し浮く状態
  • 姿勢は低く

テイクバック時

  • テイクバックは小さく
  • 肩を入れる
  • つま先を少し横方向に向ける

インパクト時

  • 打点は体の近く
  • 足を浮かせない、地についたまま
  • ラケットは上からはいる
  • 体重をのせる

フォロースルー時

  • フォロースルーは大きく
  • 体が伸び上がらないように

自分もまだまだ修行中なので完璧な答えは出せませんが、みなさんの力に少しでもなれたら幸いです。

おすすめの記事